福岡県 福岡市 遺言 遺言書 公正証書 遺言書を公正証書で作成したい方ををサポート・支援します
 行政書士平塚事務所の総合ホームページ  行政書士平塚のブログ   事務所までの地図

お問い合わせ・お申し込み お問い合わせは無料です。電話:092(737)8830

事務所での面談相談のお申し込み 30分:3000円  事務所までの地図

無料メール相談  回答の返信は48時間以内が目安です。

トップページお問い合わせ・お申し込みお客様の声料金について事務所案内提携の専門家


公正証書遺言のメリット
*公正証書で遺言書作成をおすすめするケース

遺言でできること

作成時に気を付けるべきこと


遺留分とは

遺言執行者とは
*遺言執行者を指定するメリット

公正証書遺言作成の流れ

 
自筆(手書き)の遺言書作成
*当事務所のホームページ
 
遺言執行手続きサポート
*当事務所のホームページ
依頼するメリット
 
当事務所に依頼するメリット


提携している専門家
 
提携している専門家

ご準備いただくもの
 
ご準備いただくもの

料金について
 
料金について
*料金の計算例

公証役場の手数料について


お問い合わせ・お申し込み
 
お問い合わせ・お申し込み

事務所での面談相談

無料メール相談


行政書士平塚事務所について
 
(遺言関係のホームページ)

遺産相続手続き


事務所案内

平塚事務所のサイトマップ

特定商取引法に基づく表示
 ・免責事項・プライバシー

<公正証書遺言のメリット>

遺言書を公正証書で作成することのメリットは次の通りです。

法律のプロ中のプロである公証人が作成するので様式不備で無効になるおそれがない。

公証人と証人2人が遺言書作成に立ち会うため、証拠能力が高い。後で相続人が遺言書の有効・無効をめぐって争いなる可能性が低い。

*適当な証人がいなければ公証役場を通して紹介してもらえます。(有料)

*当事務所に公正証書遺言作成をご依頼いただいた場合は行政書士2人(私を含む)が証人となります。

遺言書の原本が公証役場に保管されるので、紛失・変造・隠蔽の恐れがない。

自筆遺言などでは家庭裁判所の「検認」が必要となるが、公正証書遺言では「検認」が不要となり、相続発生後すぐに遺言の内容を実行できる。

<公正証書で遺言書作成をおすすめするケース>

確実に遺言を実行したい場合

不動産など高額な財産がある場合

病気・ケガなどで自筆証書遺言が作成できない場合

第3者に財産を遺贈したい場合

婚外子の認知や排除など、相続人の利益を損ねるような遺言の場合


無料相談、お問い合わせ・お申込みはお電話や下記のフォームからお願い致します。

電話:092(737)8830   事務所までの地図

お問い合わせ・お申し込み   お問い合わせは無料です。 

事務所での面談相談のお申し込み  30分:3000円

無料メール相談    回答の返信は48時間以内が目安です。