福岡県 福岡市 遺言 遺言書 公正証書 遺言書を公正証書で作成したい方ををサポート・支援します
 行政書士平塚事務所の総合ホームページ  行政書士平塚のブログ   事務所までの地図

お問い合わせ・お申し込み   お問い合わせは無料です。  電話:092(737)8830

事務所での面談相談のお申し込み  30分:3000円     事務所までの地図

無料メール相談    回答の返信は48時間以内が目安です。

トップページお問い合わせ・お申し込みお客様の声料金について事務所案内提携の専門家 |


公正証書遺言のメリット
*公正証書で遺言書作成をおすすめするケース

遺言でできること

作成時に気を付けるべきこと


遺留分とは

遺言執行者とは
*遺言執行者を指定するメリット

公正証書遺言作成の流れ

 
自筆(手書き)の遺言書作成
*当事務所のホームページ

 
遺言執行手続きサポート
*当事務所のホームページ

依頼するメリット
 
当事務所に依頼するメリット


提携している専門家
 
提携している専門家

ご準備いただくもの
 
ご準備いただくもの

料金について
 
料金について
*料金の計算例

公証役場の手数料について


お問い合わせ・お申し込み
 
お問い合わせ・お申し込み

事務所での面談相談

無料メール相談


行政書士平塚事務所について
 
(遺言関係のホームページ)

自筆(手書き)遺言の作成

遺言執行手続きサポート

遺産相続手続き

戸籍謄本取り寄せ

財産目録作成支援室



事務所案内

平塚事務所のサイトマップ

特定商取引法に基づく表示
 ・免責事項・プライバシー

<作成時に気を付けるべきこと>

遺言書の内容は、遺言者が自由に決めることができます。しかし、いくら自由だからといってもその内容によっては、かえってトラブルのもとになったり、残された相続人などを混乱させる結果になってしまいます。

せっかく遺言を残すのですから、トラブルになりやすい遺言を作成しないようにすることが重要です。

◆遺言書作成時に気をつけなければならない事項◆

①判断能力が衰えないうちに遺言を残す
認知症などによって判断能力が衰えた後に書かれた遺言は、たとえ公正証書遺言であっても、遺言能力がなかったとして無効とされるケースがあります。

遺言は元気で判断能力があるときに書いておくのが一番大事です。

②遺言内容は自分で考える
遺言は遺言者の自由意志を尊重する制度ですので、相続人や介護してくれている人などの言いなりで作るものではありません。

自分自身で考えて作ることが大切です。

③わかりやすく書く
どの財産を誰に残すということを明確にわかりやすく書くことが大切です。

読む人によって異なる解釈ができてしまう遺言は、争いや混乱の原因になってしまうこともあります。

④公序良俗に反する事項は書かない
社会通念に反して許されない事項や犯罪になるような事項を内容とした遺言は無効となります。

⑤遺言書の数が多くならないようにする
遺言書には数の制限はありません。

矛盾した内容の遺言がある場合には、一番新しい遺言が有効となりますが、多数の内容が矛盾する遺言があった場合、残された相続人は、遺言者の真意がどこにあるのか迷うことになります。

⑥遺留分を侵害する遺言を作るときは慎重に

遺留分について詳しく知りたい方はこちらから

自分の遺留分が侵害されている場合には、遺留分権利者は遺留分減殺の請求をすることができます。

遺留分を侵害する遺言を書くことは可能です。しかし、これはあくまで例外でと考えて、原則は遺留分を尊重した遺言が望ましいでしょう。

⑦日付は絶対間違えないようにする



無料相談、お問い合わせ・お申込みはお電話や下記のフォームからお願い致します。

電話:092(737)8830   事務所までの地図

お問い合わせ・お申し込み   お問い合わせは無料です。 

事務所での面談相談のお申し込み  30分:3000円

無料メール相談    回答の返信は48時間以内が目安です。




当事務所運営サイト行政書士平塚事務所の総合ホームページ

【会社・ビジネス】
○株式会社設立 ○合同会社設立 ○会社変更手続き ○電子定款作成 ○定款変更・議事録作成

○事業資金調達 ○事業計画書作成 ○ビジネス契約書作成

【許認可】
○建設業許可 ○風俗営業許可 ○平面図作成 ○登記されていないことの証明書取得

【遺産相続・遺言】
○遺産相続手続 ○遺産分割協議書作成 ○公正証書遺言作成 ○自筆(手書き)遺言書作成

○遺言執行手続きサポート ○郵便貯金相続手続 ○相続財産目録作成 ○戸籍謄本取寄

【公正証書・離婚】
○公正証書作成  ○離婚協議書作成  ○金銭消費貸借契約書作成 

【示談・内容証明書】
○示談書・合意書・和解契約書作成  ○内容証明書作成

 〒810-0073
行政書士平塚事務所
代表 平塚桂太(ひらつかけいた)
営業時間:10時~17時<月~土曜日>日、祝日休み
電話:092-737-8830 FAX:092-737-8890
福岡県行政書士会所属
行政書士登録番号:第06400693号
E-mail:info@hiratsuka-office.com
CopyRight(C)2016行政書士平塚事務所 All Right Reserved